≫ なめたがれい
カレイはカレイでも、なめたがれいは全然違う!肉厚で油のノリもよく、煮付けにすると最高です!その味は一度食べれば、やみつきに・・・。

≫ めかじき
あまり県外に出ることのない幻の食材めかじき。気仙沼魚市場には毎日のようにめかじきが水揚げされています!

≫ 秋鮭
新鮮な秋鮭が市場に水揚げされる様子を収めました!この素晴らしい銀鮭の姿と鮮度の良さをご覧下さい!

≫ お客様の声
東京赤坂にある有名レストラン「イルカシータ」の梶原シェフからも気仙沼の魚をご好評いただいております!

トップページ > あんこう
あんこう
オススメ調理法
あんこうは冬を代表する魚で、あんこう鍋が有名です。
水揚げ時季 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
                       
特徴
身より肝や皮の方がおいしく、特に肝は海のフォアグラと呼ばれ、珍重されます。身は淡白な白身で、皮がブヨブヨで身が柔らかい為、粘液でヌルヌルしてつかみどころがないので、まな板を使わず、吊るしてさばかれる(吊るし切り)が有名です。
選び方
あんこうは粘液でベトベトしていますが、逆にベトベトしていないものは新鮮ではありません。また肝が一口くらいの大きさのがちょうど良いものです。
代表的な食べ方
捨てるところが少なく、皮、ほお肉、卵巣、胃袋、肝臓、肉、ヒレは「あんこうの七つ道具」と言われています。身は鍋や唐揚げ、皮は湯引き、肝は酢の物や、和え物にするのが美味しいです。
旬と産卵期
春に産卵期を迎えるあんこうは、冬の間に栄養を蓄えるため、旬としての期間は11月~3月です。
参考価格表
あんこうは、11月~3月までが旬であり、鍋の時季には仕入れをされる店舗様が多いですが、価格もお手頃なのでおすすめです。
(注)この価格表は2009年の事例となります。価格は水揚げ量、時季等によって異なります。





気仙沼水揚げ鮮魚・魚介類情報




「戻り鰹.COM」は、株式会社気仙沼商会が運営する情報提供サイトです。株式会社気仙沼商会のWebサイトはこちら ≫ 気仙沼商会コーポレートサイト