≫ なめたがれい
カレイはカレイでも、なめたがれいは全然違う!肉厚で油のノリもよく、煮付けにすると最高です!その味は一度食べれば、やみつきに・・・。

≫ めかじき
あまり県外に出ることのない幻の食材めかじき。気仙沼魚市場には毎日のようにめかじきが水揚げされています!

≫ 秋鮭
新鮮な秋鮭が市場に水揚げされる様子を収めました!この素晴らしい銀鮭の姿と鮮度の良さをご覧下さい!

≫ お客様の声
東京赤坂にある有名レストラン「イルカシータ」の梶原シェフからも気仙沼の魚をご好評いただいております!

トップページ > ほっき貝
ほっき貝
オススメ調理法
和洋
お刺身、ほっき飯、天ぷら、サラダ、酢の物、カレーなど使い方は様々です。
水揚げ時季 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
                       
特徴
身は全体的に白っぽいが、足の部分は特に美味で火を通すと美しいピンク色に変わります。身をはずして開き、軽く湯通しして使いますが、こうすると身が薄く赤紫に染まります。生でも食べられますが熱を通すと、ぐっと甘味と旨味が増します。
選び方
触れるとすばやく閉じるもので、むき身はふっくらして身が引き締まっているものを選びましょう。
代表的な食べ方
殻付きのものは殻から身を取りだし、内臓を取り除いてから使います。新鮮なものは刺身にできますし、酢につけると色がいっそう鮮やかになり、味も増すため酢の物にも向きます。身は火を通してもさほど硬くならないので、椀種、煮物、焼き物にしても美味です。
旬と産卵期
三陸での旬は冬から春で、5月下旬から8月上旬が産卵期です。
参考価格表
ほっき貝は、1年間を通じて安定的に水揚げされており、仕入れには最高です。高値と安値の差もほぼありません。
(注)この価格表は2009年の事例となります。価格は水揚げ量、時季等によって異なります。





気仙沼水揚げ鮮魚・魚介類情報




「戻り鰹.COM」は、株式会社気仙沼商会が運営する情報提供サイトです。株式会社気仙沼商会のWebサイトはこちら ≫ 気仙沼商会コーポレートサイト