≫ なめたがれい
カレイはカレイでも、なめたがれいは全然違う!肉厚で油のノリもよく、煮付けにすると最高です!その味は一度食べれば、やみつきに・・・。

≫ めかじき
あまり県外に出ることのない幻の食材めかじき。気仙沼魚市場には毎日のようにめかじきが水揚げされています!

≫ 秋鮭
新鮮な秋鮭が市場に水揚げされる様子を収めました!この素晴らしい銀鮭の姿と鮮度の良さをご覧下さい!

≫ お客様の声
東京赤坂にある有名レストラン「イルカシータ」の梶原シェフからも気仙沼の魚をご好評いただいております!

トップページ > 赤貝(アカガイ)
赤貝(アカガイ)
オススメ調理法
和洋
なんといっても刺身がうまい。貝特有の香りがあり、旨味が強い。酢との相性が抜群によくて寿司や酢の物にしても最上の味。
水揚げ時季 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
                       
特徴
膨らみが強く、貝殻全体にやや硬い毛が生えています。刺身やすしの種などでよく知られる二枚貝です。赤貝は血液の中にヘモグロビン系の赤い血色素を持っていることからそのむき身は赤く、江戸前すしにはなくてはならない赤貝ですが、三陸でとれているものが多いです。
選び方
殻にひだが多くて、表面の毛が濃く、大きくて形に丸みのあるものが良品です。特に開いている口に触れるとすぐに閉じるもので、貝と貝をたたき合わせると硬い音がするものが新鮮なものになります。
代表的な食べ方
赤貝は鮮度が命です。鮮度の良いものを刺身、すし、和え物、酢の物にします。ひもは身に準じて生で作ります。あぶる程度に焼くと最高の酒の肴になります。
旬と産卵期
初夏に卵を持ち始め、夏にはやせてまずくなり、これが持ち直すのは晩秋です。旨味が増し冬から春には旬となります。
参考価格表
赤貝は、1年間を通じて安定的に水揚げされており、仕入れには最高です。高値と安値の差もほぼないので、是非仕入れてみて下さい。
(注)この価格表は2009年の事例となります。価格は水揚げ量、時季等によって異なります。





気仙沼水揚げ鮮魚・魚介類情報




「戻り鰹.COM」は、株式会社気仙沼商会が運営する情報提供サイトです。株式会社気仙沼商会のWebサイトはこちら ≫ 気仙沼商会コーポレートサイト